安芸の宮島・広島の旅 Part3 旅行記

 
2006年7月 1日掲載
安芸の宮島・広島の旅 Part3 旅行記

2004年8月29日

朝は4時30分に起きました。いつもより早く寝たせいかけっこうスムーズに起きられました。

鹿児島本線の始発電車に乗ってひとまず小倉を目指します。外はまだ日の出前で,夏なのにさわやかで涼しい空気。やっぱり早起きはいいですね。小学生のころラジオ体操に無理やり行かされていたことを思い出します。起きるのはつらかったけど体操が終わった後はなんかすっきりとした感じになるんです。

小倉には6時11分に着きました。そして6時22分発の長門市行きに乗り込みます。この列車は2両編成のディーゼルカーで,山陽本線の幡生から山陰本線に入ります。だからこの列車に乗るのは下関までです。もし寝てしまったら…ルートからはずれることになってしまいます。朝早いので寝ないように注意しなければ。

無事に下関で下車。やっと本州に入りました。下関6時41分発の岡山行き快速「シティライナー」で目的地の広島まで向かいます。この列車は下関から岡山まで,約370kmを走るロングランナーです。在来線の快速列車でここまで長い距離を走る列車はめったにいません。

広島到着は10時18分。3時間半も同じ列車に乗っているのはちょっときつい…。特急ならともかく普通列車の車両ですからね。やっぱりある程度乗り換えがあって,接続の時間があったほうが気分的にも楽だし,そっちのほうが旅行っぽい感じもします。目的地に直行ってのも味気ないです。でも結局半分ぐらいは寝ていました。おかげでおしりと腰が痛い…。

さて,10年ぶりの広島に降り立ちました。前は鉄道を利用しなかったので,広島駅は初めてです。午後からは宮島に行かないといけないので,4時間ぐらいしか時間がありません。駅ビルの書店に行き,街のだいたいの地図と,重要な交通手段である路面電車のルートを覚えます。

それから昼ごはんを食べる場所。新横浜ラーメン博物館に出展している店の店主の弟子の方がやっているというラーメン屋さんが市内にあるというので,そこに行ってみることにしました。師匠のお店はテレビでも紹介され,有名なお店ですのでかなり期待できそう!

まずは広島に行ったらここに行かなければ…という場所へ。特に初めての人は行ったほうがいいですね。そう,平和記念公園です。私は10年前に行ったのですが,記憶がはっきりしていません。小学校低学年だったし。同行の友達はまだ行ったことがないとのこと。

路面電車で20分ほど,原爆ドーム前で下車します。川のほとりに原爆ドームが生々しい姿で建っていました。写真やテレビではよく見るけど,実際に見ることはあまりありません。おそらく補修されてきれいになっているのでしょうが,鉄骨がむきだしになり,壁がはげおちたその姿は,原爆のすさまじさを物語っています。

原爆ドーム
広島の原爆ドーム。平和の大切さを教えてくれます。

平和記念公園はしっかり整備され,市民の休憩場所となっているようでした。しかし観光バスの多いこと…。団体ツアーのうしろにくっついていけば無料でガイドさんの説明が聴けるような気がしたのですが,それはちょっと申し訳ないのでやめました(^^;

公園を抜け,原爆資料館へ。入場料は大人が50円。もちろん観光のためではなく,悲惨な原爆,戦争の傷跡をとどめて置くために造られた資料館ですから,できるだけ多くの人に入場してもらいたいのだと思います。多くの人に原爆の恐ろしさを知ってもらうために。

原爆資料館
奥に見える建物が平和記念資料館(原爆資料館)です。

前のページ  次のページ  旅行記トップページ

スポンサード リンク


コメント (掲載されるまでしばらくお待ちください。)




コメント内のURLは自動的にハイパーリンクに変換されます。HTMLタグは利用できません。
トラックバック (掲載までしばらくお待ちいただく場合があります。)
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.arahabika.com/mt6/mt-tb.cgi/141
Copyright (C) 2005- La Partenza All Rights Reserved.
since 2005.06.28